REDSTONEの高橋家

REDSTONE紫鯖で活動中の武道家日記
Home翔太 | まりお | 朱音 | 洋介 | GVレジスタンス | GV剣豪 | GVやなわらばぁ~ | GV一杯のラーメン | 攻城戦 | GV粘着武道の考察 | 携帯 | RS以外 | 決戦 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsSpirit of Fire

2009.10.16
剣豪vsSpirit of Fire

10月15日GV

今回は強敵Spirit of Fireさん~
全体的にPSが高くて有名なギルドですね(´-`)

参加人数は、こちら14名相手様は1PT+武道3,4名3人かな、そんぐらい



えーっと、感想を一言で表すなら「強い」これ以外浮かびませんね
毎度のことながら優秀な支援妨害陣によるGVのペース作りが流石って感じです(´-`)マイッタ

今回特に注目したのが、武道悪魔
翔太君が理想だと思う速度と耐久力(KO率はわかんない)を兼ね備えた武道陣はちょー強力でしたね
ここにまたaceが入ると思うと笑うしかありませんね,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、



そして悪魔、すべての動きを把握してた訳ではないですが、
序盤のワームに始まり、終始効果的に発動させてたレクが厄介厄介
ワームこそ中盤からほとんど発動しなかったものの、最後までレクには凹まされましたΣ(ノ∀`*)ペチッ
今回の失点の大部分をレク死が占めたのではないでしょーか

別PTはわかりませんが、洋介PTは失点のほとんどがレク死でしたねー、要改善ですね
今や当たり前のように参加してくる相手悪魔、レク対策無しではWIZ居ても意味が無くなっちゃいます


10月15日GV2

これ終わってから知ったのですが、知識PTなのにエレメが無かったってゆーΣ(ノ∀`*)ペチッ
エレメ有りならもっと善戦出来たのかな、終わったことだからしょーがないけどね



10月15日GV3

今回はレク以外でも死なせちゃった
心臓アスヒの上から殺されちゃうんだもんなー、あの時何タゲきてたんだろ・・・
若しくはブレエビ切れてたかな

実は両PTとも支援切れがちょくちょくありました
再支援タイムをもう少し入れてもいいかもしれませんが、今回はそれを相手がゆるしてくれなかったのかな(´-`)





・相手武道のプレッシャーによりペースを持っていかれた
・レク対策不足
の、2点が洋介視点のGV反省点かなっと。


武道に関しては以前記事にもしましたが、
倒しづらいってだけで、倒せない訳ではないので効果的に攻撃をすればそれだけで武道の行動を制限することも時には可能なので、
突っ込んでくる武道なんかには特に攻撃して行きたいですね

攻撃は遠距離ではなく近距離攻撃を1人でするのが効果有り
ディスペとうさぎによるコンボで近接攻撃をするとより効果的です

Lvが高い武道でもこれだけであっさり倒せちゃう時もあるので是非とも実践あれ



SOFさんはこの対武道はランサさんが担ってるぽいですが、アチャで攻撃するよりははるかに効果的ですね(´-`)サスガワカッテル




火力は十分に通用するもだと思うので、失点を抑えることが勝利への道ではないでしょーか
下手っぴながらアスヒは勿論頑張るよ



あ、後PTの順番も考慮した方がいいかもね(´ω`)b








個人反省
もっと早くアスヒすればレクに気づいて貰えたかも・・
GV中のチャットは過去何度もチャット死させてる経験からあんまり得意じゃない
じゃなきゃ洋介がタゲ集めちゃえばいいのかっ
って、タゲ集めたら3秒持たないで死んじゃうからなΣ(ノ∀`*)ペチッ
あー、WIZ難しいなー(´-`)シンド



高橋判子赤
スポンサーサイト
テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム
GV剣豪    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mariotakahashi.blog46.fc2.com/tb.php/87-a3553027
Template by まるぼろらいと

Copyright ©REDSTONEの高橋家 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

?2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. 
?2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。