REDSTONEの高橋家

REDSTONE紫鯖で活動中の武道家日記
Home翔太 | まりお | 朱音 | 洋介 | GVレジスタンス | GV剣豪 | GVやなわらばぁ~ | GV一杯のラーメン | 攻城戦 | GV粘着武道の考察 | 携帯 | RS以外 | 決戦 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GV粘着武道の動き方 vs天使編

2009.07.04
こんち

水、金とGV相手が居なくて暇だよ


なので、翔太君のGV時の動きについて書いてみる

その前に右にある反射神経の記録
反射神経2

反射神経3

こいつが限界(´-`)


んで、今回の本題
GV時の粘着武道の動き方 by vs天使編
(対抗武道のスタイルは粘着KO武道とする)

今や天使の人数で大体のGVの流れが左右される(って翔太君は勝手に思ってる)現在、
それの対抗勢力として火力で倒す以外でもっとも効果的と思われるのが妨害粘着行為

目的としては
1、GVの集団移動手段のコーリングの妨害
2、主に支援後衛陣に対するCP減少効果で妨害を行うマジックディスペリングの妨害
3、全スキル中最高位の緊急回避スキルのサンクチュアリの妨害

これが粘着KO武道の天使に対する大方の仕事。

1と2は払い蹴りによる足止めとKO攻撃によって止めれます(100%ではありません)
3は、同じく足止めとKO攻撃で妨害できるのですが、その天使が味方からの攻撃対象なのかどうかで妨害理由が変わります。

現在の仕様で足止め中(黒靴下が表示されてる状態)はある一定のスキルに制限がかかり使用できなくなります。
天使をやったことがないので確証はありませんが、「コーリング」「サンクチュアリ」は制限がかかり使用できないはずです。ちょーたぶん(´-`) いちおー今度検証してきます(*´艸`)

1は足止め効果とKO攻撃でスキルの発動を遅らせ、集団での緊急回避&撤退をさせない為に妨害を行います。この場合はひたすら蹴ることで妨害出来ます。
もう一つコーリングさせない方法は卵(サンクチュアリ)にならせることで防ぐことができます。

2はKO攻撃を行うことで妨害出来ます。味方の支援陣にとってディスペが飛んでこないことは余裕を持って味方に支援を掛けることが出来、結果味方の優勢に繋がる可能性が大きいです。
これも相手が卵になることによっても防ぐことが可能です。

3は味方からの攻撃対象になっている場合に、相手に「とどめ」をさす場合に効果が大きいです。
天使というキャラに慣れている人なら緊急回避にサンクは必ず使います。
このサンクを妨害出来ればスムーズに天使を倒すことが出来る可能性が高くなる、ということですね。

1と2での妨害成功例として、卵にすることでも防ぐことが可能と書いたように、実は天使の妨害は卵にすることによって7割ぐらいはすでに妨害成功なのです。
天使のGV時のメインの仕事は卵ではなく、コルとディスペだからです。
後は卵の状態を長く維持してもらっていれば、その間コルもディスペも来ないのでこちらのペースで戦うことが可能になります。
「とどめ」をさす場合はこの卵を妨害しなくてはいけないのでKO攻撃による妨害が有効かと思われます。


翔太君は相手PTの舵を取っているメイン天使を主に妨害します。
ソロ天使やセカンドPTの「おとり天使」は暇な時以外無視です

妨害武道の一番の仕事で尚且つ重要なのが
相手(PTや相手全体)のペースを崩す
これに尽きます。

相手に「やりづらい」「動きづらい」等と思わせるぐらいの粘着、妨害が天使にとって一番効果的だと考えてます。
さらに、味方支援陣ではなく、自分にディスペや攻撃がくれば完璧です。
CPさえあれば倒しにくい(倒されますが)武道を攻撃することは非効率的であり有効ではないからです。
CP確保が絶対条件ですが、自分にタゲが集まってる時が一番味方PTに貢献してる時かもしれませんね

高橋判子
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mariotakahashi.blog46.fc2.com/tb.php/29-eae720c0
Template by まるぼろらいと

Copyright ©REDSTONEの高橋家 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

?2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. 
?2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。