REDSTONEの高橋家

REDSTONE紫鯖で活動中の武道家日記
Home翔太 | まりお | 朱音 | 洋介 | GVレジスタンス | GV剣豪 | GVやなわらばぁ~ | GV一杯のラーメン | 攻城戦 | GV粘着武道の考察 | 携帯 | RS以外 | 決戦 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsSpirit of Fire

2009.12.21
レジスタンスvsSpirit of Fire

12月20日GV10

あれなんかいつもと違うね
あーそーですよ、撮り忘れだよっプリ(*`З´*)プリ

急遽倉庫マスターのまりおがSS撮ってきてくれました


ってことで、今年最後のGVとなりましたレジスタンスの対戦相手はSpirit of Fireさん(@゚Д゚)ノダァァー!!
毎度どーも┏○ペコ


今回のレジの参加人数は2PT弱、Spirit of Fireさんは1PTぐらい。
年末出しねー、参加少ないのはしょーがないよ(´-`)

レジはちょっと多かったけど(*`艸´)ウシシシ




今回のフィールドは
12月20日GV

ここ
2粒の涙だって

中央の上下に見えるワープポイントと細い道が多数あるのが特徴かな
ワープは上下にリンクしており、使い方によっては一気に敵からの離脱が可能になるのかな

今回の戦いでは使うことはありませんでしたが、今後フィールド慣れした頃にはこのワープを上手く使うギルドが出てくるかもしれませんな(´-`)

ただワープポイントまで行く細道が気に掛かるところですが。。。




んじゃ内容

もーお互い数多く対戦してることから、手の内がばれてるって感じかな
全体を通して大きく崩れることが双方無く、終始お互いの隙を突き合う展開になりました。

序盤から終盤に掛けて満遍なく出ていたワームが気になったか。。。
Spirit of Fireさんのコル→ワームのコンボが絶妙でしたな
レジも注意してる点ですが、こちらのタゲを上手く誘導されてワームを出されていた感じが・・・。

近くにコルするのか、それとも距離をとってコルをするかの判断とタイミングが相変わらず上手いっすね(´-`)



12月20日GV2

人数は1PTぐらいでしたが、バランスは良さそうなSpirit of Fireさん
やはり範囲+桃さんの攻撃は強力でした

序盤軽い膠着から始まり終盤までシーソーゲーム
とってとられてまたとられてーってな感じ


12月20日GV3

今回のポイントは、レジのアチャさんがランサにチェンジしてくれてたことかな。
中盤辺りからかな厄介な相手武道さんにプレッシャー与えてくれてたのが(´ω`)bだったかな

武道は先手が命なので少しずつでも行動を遅らせることが出来れば味方に有利に展開する可能性が大きいからね(´-`)



12月20日GV4

こちらが得点すればあちらも得点する。
序盤から中盤は交互に得点はいってたよね(´-`)



12月20日GV5

単騎駆けの武道さんを撃墜したとこ。
恐らく時間稼ぎかな、メインPTの再支援を助ける為にきたのかな
人数で劣ってる場合は再支援の時間も無いときあるものね(´-`)

今回翔太君がSpirit of Fireさんに居たとして今回みたいな状況だったら同じ行動してたかもな
時に身を挺して時間を稼ぐ時があるんだよね武道は(´-`)ワカルヨー



12月20日GV6

今回はエンドさんとタゲあんまり被らなかったかなー
途中エンドさんのタゲ蹴ってた時あったけど(;^ω^)

Spirit of FireさんのBIS天使に対してこちらの武道が2でちょーどよかった
タゲがそれぞれ分担されてた所も(´ω`)bだった、けどもー

途中途中のワームでタゲがはずれる・・・
今日はなんど逃げられたことか(´ー`)フッ


なので途中から戦況を見て怒号支援に徹することに。
中盤から終盤は得点するよりも、流れを奪われないこととそれに繋がるであろう失点を抑えることに奮闘しました

Spirit of Fireさんの火力妨害のタゲが合わさると並大抵の人は逃げ切れなくてやられちゃうからね(´-`)
このときに誰かがヘルプに入るだけでかなり楽になることを洋介で大分知りました(´ω`)b


怒号やうさぎやらで「逃がすために」支援をしてくれる
めちゃ助かってます




12月20日GV7

怒号って花範囲の低下も解除出来るから何かと便利だよねー
一番は足止め解除だろーけど

あまりにも酷い足止めの時には怒号に徹した方が味方は助かるかもね(´-`)

ただ、妨害と怒号支援の状況判断が結構難しい(;^ω^)
妨害してることで味方が助かってる場合もあるからね・・・

今回は人数差や残り時間、状況なんかの関係やらで怒号に専念したけど、これが正解って訳でもないしねー
まーここらへんが武道の楽しいとこなんだけどね(´-`)フフフ




12月20日GV8

うーん、今回も参加人数とかに助けられたのかな(´-`)
倍近い人数居たもんね(*`艸´)ウシシシ



まー今回の勝因は「反射」かな,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

レジのBISさんLAとったよね


これ翔太君もあったからな・・・結構最近(*`艸´)ウシシシ
クラッシュダメの反射はなんか普通の√計算とは違うような

これもイマイチわからんけど反射BISとかにクラッシュ攻撃するとあんまりよくない可能性ががががが。
普通に4桁喰らうからね・・・il||li orz il||li




ってことで2009年最後のGVは見事勝利で飾ることが出来ましたイェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ


状況に助けられた所も多々あったかと思われますが、まーそれはそれで(´ω`)b










Σ(・ω・ノ)ノえっ!
「ここの解説だけじゃよくわからないよっ」だって
うんうん、そんな時はねSpirit of Fireさんのホムペに行けばいいんだよ

さ、気にせず行ってくるんだ












GV後リニューアルしたPVいってきましたー

まーちらっと話しは聞いてたけど火力ない翔太君がお邪魔できるところじゃないね,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、
1回だけ参加して|彡サッ っと抜けてきた(´-`)フッ

奥まで行くとめちゃ硬い敵とか出てくるし、攻城専門のギルドがきついんでないかなー
Lvの差が大きく出ないから攻城面白かったのに。。。

ギルドダンジョンとかの関係だろーけどね。



んで得点
12月20日GV9

グハッ!!( ゚∀゚)・∵.

もーわけわからん










個人反省
妨害→怒号支援のタイミングは状況的にそんな悪くなかったような。。。
翔太君的には満足したタイミングでした
だってお互い対戦慣れしてきて崩れないんだもの(;^ω^)
そろそろ奇策に転じる時が来たのかなっ
来年の対戦が楽しみだぜ(´-`)フッ






高橋判子
スポンサーサイト
テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム
GVレジスタンス    Comment(4)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

Re: ∑(゜Д゜) - 高橋翔太

ユラさん(´-`)ノ
恥ずかしくないよっv-364
次は800ぐらいのユラさんが見てみたいv-290

さー次は誰のLvが晒されるんだろーねー(*`艸´)ウシシシ

10秒制限は可能性としてあるよねー
でもワープ駆使して戦ってみたいv-398
2009.12.23 Wed 03:02 URL [ Edit ]

∑(゜Д゜) - ユラ

イヤンはずかしー☆
あれは女神かかってるんだからねっ(`・ω・´)

死にそうになったらワープに逃げれるのかなー?
10秒制限ありだったりするかなw
今度試してみたいですね☆
2009.12.22 Tue 12:55 URL [ Edit ]

Re: 真中で - 高橋翔太

モザさん(´-`)ノ
ユラさんΣ(ノ∀`*)ペチッ
いつかやると思ってたv-290
けど修正なんてしないよv-364

GV開始前に入った時は大丈夫だったけど、戦闘中は不安だよね(´-`)
でもいつかあそこのワープポイントで戦ってみたい(*`艸´)ウシシシ

あ、にもさんかなv-362
今日(21日)ポタ出しPT組んで貰って色々話してきたv-290
妨害武道は皆ナカ―(・∀・)人(・∀・)―マ
2009.12.21 Mon 23:23 URL [ Edit ]

真中で - モザ

女神かかってるユラさんのSSがw

シーソーゲームで緊張ありました(*゚▽゚)ドキドキ

あのポーターくぐってみたいですけど…
くぐった瞬間、ログインゲーで古都に戻されそうで怖いですw

昨日相手武道さんが高橋さん探してましたよー!
2009.12.21 Mon 11:20 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mariotakahashi.blog46.fc2.com/tb.php/135-877f2f6d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©REDSTONEの高橋家 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

?2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. 
?2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。