REDSTONEの高橋家

REDSTONE紫鯖で活動中の武道家日記
Home翔太 | まりお | 朱音 | 洋介 | GVレジスタンス | GV剣豪 | GVやなわらばぁ~ | GV一杯のラーメン | 攻城戦 | GV粘着武道の考察 | 携帯 | RS以外 | 決戦 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs魔道騎士団

2009.11.09
レジスタンスvs魔道騎士団

11月8日GV

ついに対戦、噂には聞いてましたが相当強いらしい。。
翔太君が強いと思ってるギルド様さえ大敗してるという・・・萌える


こちら参加人数2PTぐらい、相手様1PT+武道数名かな


んまー一言、強いΣ(ノ∀`*)ペチッ
過去の絶望的な大敗GVがすべてフラッシュバックしました,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、



さて内容
序盤は少し様子見されてたみたいで、途中から一気に本気だされたのかな
こちらのWIZ様が言った通りに相手が動き始めました

そこから怒涛の攻撃Σ(ノ∀`*)ペチッ
一気にペースも点数も持ってかれた,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、



11月8日GV2
紫鯖で翔太君が思うNo,1天使様発見
粘着妨害してやりましたが、びくともしないΣ(ノ∀`*)ペチッ

ただ長い間対戦してない内に翔太君成長してたようです
以前対戦した時は、いくら蹴っても白ダメが出なかった、多分相手の防御が高過ぎたりLv差が大きかったりしたのかな、√されるとダメージ1にすら到達してなかったのでしょー、いくら蹴っても1ダメすら表示されなかった,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

それが今回・・・ついに1ダメージ与えられるまでに成長しました
やったぜ翔太君


11月8日GV3
味方の援軍貰って更に粘着するも
びくともしないΣ(ノ∀`*)ペチッ

けども、昔よりフレーム上がってるせいか、払い蹴りの微CP獲得と花だけでもディスペに耐えれること発見(´ω`)b
ちっちゃな所で成長してるね(´-`)


11月8日GV4
やりました

撮れてないと思ったらたまたま撮ったSSにて発見
今回相手の鬼範囲に苦しめられたGVでしたが、その中で仁王立ちでアスヒを回す味方WIZさんを発見

真ん中らへんの異常に回復してるのがそーです
吸収しまくりで相手のちょー近くですらアスヒをしてた時は流石に笑いました,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

皆が苦しんでる時にまるで1人だけ違う世界にいるかのように・・・(´-`)ワラタ



他のギルド様にも吸収装備してる人見かけた時ありますが、やっぱいいよねー
洋介もあればもっと役に立てるのにっ




ま、結果は載せれないけどお察しの通り、大敗です
がしかし、GV後あまりの大敗に皆テンション上がってたのか結構楽しんだ人が多かったみたい
翔太君もNo,1天使様と戦えて楽しかった(´-`)

何気なく「また魔道さんと戦いましょう^^」って言ったら呼応してくれる人も居たしね




やっぱり強いとこと戦うと楽しいよね(´-`)
レジスタンスと言うギルドにそーゆー人が沢山居たのが嬉しかった
負けても次はこーやろーあーやろーみたいな、前向きな考えが(´ω`)b


いっつも負けてると流石に凹むけどね(;^ω^)
でも挑戦してる時が一番楽しい
さらに仲間が同じ思いを持ってると何倍も楽しい



とまー、大敗GVだったけどちょー楽しかったです(´-`)





個人反省
ちょー頑張った、No,1天使に対してちょー頑張った
けど、ギルド自体に貢献は出来なかったかな(;^ω^)
今回の対戦だけでも2,3試したいこと見つけたので、そっちを早々に試すのがよかったかも。。
んまーでもまた対戦できるかもだし楽しみに待ってます



高橋判子
スポンサーサイト
テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム
GVレジスタンス    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mariotakahashi.blog46.fc2.com/tb.php/104-96c337b7
Template by まるぼろらいと

Copyright ©REDSTONEの高橋家 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

?2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. 
?2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。